えん麦の健康効果

血糖値コントロール効果

サイレントキラー。こんなに怖い糖尿病

厚生労働省の「平成19年国民健康・栄養調査」では、糖尿病予備軍を含めると日本の糖尿病患者は2210万人にも上ると推計されています。つまり、日本人の約6人に1人は、糖尿病の可能性があるのです。糖尿病の怖いのは、自覚症状があまりないこと。そのため「サイレントキラー」と呼ばれ、気づいた時にはかなり悪化していることが少なくありません。しかも、放置しておくと網膜症や神経障害、腎症などの合併症を引き起こし、失明、手足の切断、人工透析を余儀なくされる危険も。さらに、動脈硬化を進行させ、脳卒中や心筋梗塞などのリスクを高めることにもなります。


「インスリン」の機能低下が糖尿病の原因

私たち人間は、食物や飲み物を消化してブドウ糖に変え、動くためのエネルギー源としています。ブドウ糖は血管を通って身体中の細胞に運ばれていきますが、血液中にそのブドウ糖がどのくらいあるかを示すのが血糖値です。糖尿病は、この血糖が多くなりすぎた状態をいいます。通常、血糖値が高くなると、血糖の量を調整するホルモン「インスリン」が膵臓から分泌されます。しかし、過食や運動不足、ストレスなどが原因で、インスリンの分泌が足りなくなったり、働きが弱くなったりすると、血糖値が高くなりすぎた状態が続き、糖尿病(II型)と診断されます。大切なのは、この血糖値の上昇を如何に穏やかにコントロールできるかなのです。

食後血糖値の急激な上昇を抑えるえん麦β-グルカン

「GI(グリセミック・インデックス)」は、食品に含まれる糖質の吸収度合いを示す指標です。糖質の吸収が急激な食品は「高GI」であり、対して糖質の吸収が穏やかな食品は「低GI」となります。そんな低GIの代表的な食品の一つがえん麦なのです。えん麦に含まれるβ-グルカンは、水に溶けると粘性を増し、摂取した食物の胃内での滞留時間を延長。小腸での消化・吸収を緩やかにすることで、食後の血糖値の急激な上昇を抑えます。つまり、えん麦を上手に食生活に取り入れることで、血糖値の効果的なコントロールが期待できるというわけです。


えん麦ふすまの臨床実験結果

日本人の健常被験者21人を対象としてえん麦のちからの摂取試験を実施。試験の結果、糖負荷食摂取後の食後血糖の上昇抑制効果およびインスリンの上昇抑制効果が確認されました。

試験の方法

年齢20歳以上50歳未満の日本人の健康な男女※を対象としました。被験者21名に対し、糖負荷食である白飯のみを摂取した場合と白飯と「えん麦のちから」を両方摂取した場合の血中グルコース濃度とインスリン濃度の推移を観察しました。

※試験対象者 年齢20歳以上50歳未満、BMIが25未満、空腹時血糖値が80㎎/㎗以上110㎎/㎗未満、HbA1c(NGSP)が6.2%未満、HOMA-Rが1.6以下の日本人男・女

試験結果

■血中グルコース濃度の推移

■血中インスリン濃度の推移


統計解析の結果、最高血中グルコース濃度において、白飯+えん麦のちから摂取時が白飯のみ摂取時と比較して低値を示し有意差が認められました。また、最高血中グルコース濃度到達時間においても、白飯のみ摂取時と比較して到達時間が遅く有意差が認められています。また、摂取30分後、摂取120分後にも有意差が認められています。

 

最高血中インスリン濃度において、白飯+「えん麦のちから」摂取時が白飯のみ摂取時と比較して低値を示し、有意差が認められました。また、最高血中グルコース濃度到達時間でも、白飯のみ摂取時と比較して到達時間が遅く、有意差が認められています。インスリンの推移においても、摂取30分後、摂取120分後に有意差が認められています。

Copyright © 2014 jyohokyoku, CO., LTD. All Rights Reserved.